SCシリーズ

【スポンサードリンク】

SCシリーズ

 
【スポンサードリンク】

特徴

  • 炭素鋼です。「キルド鋼」「リムド鋼」の話はここでは触れません。
  • SはSteel(鉄)、Cはcarbon(炭素)。炭素を混ぜた鉄ってことです。炭素を混ぜると引っ張り強さ、硬度が上がりつまりは硬くなります。さらに焼き入れ、焼き戻しを行うことでさらに「硬く」することができます。
  • SとCの間に数字が入ります。たとえばS45Cだと、炭素の含有量が0.45パーセントであることを示します。炭素含有量が多いほど、硬くなります。
    • つまり、加工も難しくなります。
    • 加工中に焼きが入ってしまうことがあります。バンドソーでS45Cを切ろうとしたところ、途中で歯がボウズになったことがあります。
  • 丸棒、角棒、平鋼、板、いろいろな形状で提供されています。
    • 黒皮つきとミガキの2種類が存在します。黒皮つきは文字通り材料の表面を黒い皮(といいますか、膜といいますか、層といいますか・・・)がついています。これは正常工程上残る部分できわめて硬い(炭素含有量が多い層)が存在しています。この黒皮を生かした使い方であれば、黒皮付きを買えばいいと思います。バイスを作るような場合は、黒皮が取り除かれたミガキ材を入手すればいいでしょう。
  • SS400よりは高価ですが、アルミよりは安価。
    • お手持ちの機械がある程度の大きさ・重さ・強度を持つのであれば、トライしてみる価値はあります。私のちいさな機械では、ちょっと触りたくありません。
 
【スポンサードリンク】

用途

※:事例が偏っているのはお許しください

  • 強度が必要な個所、焼き入れをして使用したい場合
 

入手方法

  • Yahooオークション
  • 以下のショップで入手できます。
 

材料特性

JIS S45C
質別
引張強さ 800n/mm2
耐力 600n/mm2

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ