回転センター

【スポンサードリンク】

回転センター

kaiten001.jpg

機械は使いよう、とはよく言ったもので、使い方が正しければある程度の精度は誰でも出すことができます。使い方が悪ければどんないい機械であっても、その性能は発揮されません。

旋盤は「チャックに対象物を咥えて」「ぶんぶん回して」「刃を当てれば削れる」なんて単純な代物ではなく、それぞれにノウハウとその理由があります。

テールストックにはめて使用するセンターは、固定センターと回転センターがあります。これは長い棒を削るときに右端を支えるためのツールで、これがないと(経験がないと意外なことですが)切削対象の丸棒がバイトに押され、正確な切削ができなくなります。

筆者は直径の5倍程度以上の切削を行う場合は、この「センター」で右端を支えます。

センターを差し込む穴はセンタードリルで開けますが、これはまたの機会にご説明します。

回転センターのメリットはその名の通り「先端部が回転する」ことにあります。ベアリングで支持された先端部は動画の通り、切削対象とともに回転します。これにより切削対象に摩擦熱が掛かることを抑えることができ、安定した切削が可能です。ちなみに長モノ切削に熱は要注意パラメータ、熱が掛かると部材は膨張しゆがみ始めます・・・。

固定センターと比較して精度が劣るという話もあります。が、1/20mm程度を狙うのであれば、回転センターでも十分です。事実、筆者は固定センターはほとんど使用しません。というか、固定センターどこにしまったっけな・・・。

 
【スポンサードリンク】

選択のポイント

特にありません、長く使うものですからやはり中古は避けたいです。

 
【スポンサードリンク】

お勧めの入手方法

FLシリーズ、またはその同型機を使用されているのであればMT2や3のテーパーでしょう、様々なツールショップで購入することができます。

 

お勧めの製品はコレ

 

TIPs

前述のとおり、構造上完璧な精度が出せないツールです。使用方法がまずいとさらに精度がでません。

筆者我流ですが、以下の手順で使用すると比較的精度が出るようです。

  1. 材料(丸棒ですよね)を三つ爪チャックで「軽く」つかみます。
  2. テールストックに回転センターを差し込み、ロックハンドルで軽くロックします。
  3. 旋盤のスイッチを入れ、極低回転で材料を回します。
  4. テールストックの押し出しハンドルを回転させ、材料に開いているセンタードリルで開けた穴に回転センターを合わせます。材料側(左方向)に、ほんの軽くテンションが掛かってる状態です。
  5. 旋盤のスイッチを切ります。
  6. 三つ爪チャックをしっかりと締め付けて材料を固定します。
  7. 旋盤のスイッチを入れ、中回転(どんなだ)で材料を回します。
  8. テールストックの押し出しハンドルをしっかりと回転させ、回転センターをしっかりと押し付けます。
  9. テールストックのロックハンドルをしっかりと回し、ロックします。
  10. 旋盤のスイッチを切ります。

この「回しながら締め付ける」がポイント、のようです。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ