中ぐりバイト

中ぐりバイト

中ぐりバイト

【スポンサードリンク】

中ぐりバイト

バイトセットを買うと必ず入っている中ぐりバイト。想像では、円筒の中心軸を文字通りぐりぐり削ってくれる便利なもの・・・ですが、筆者はとても「嫌い」です。できることなら、使いたくない。実際に年に何回使うだろ?って感じです。

とはいえ、やはり1本持っていないといざというときに困るんですよね。さあ、どんな中ぐりバイトを持ちましょうか?

 
【スポンサードリンク】

選択のポイント

  • ハイス完成バイトか?スローアウェイか?
    • 中ぐりは精度が決めて。精度がそこそこでよいならば、内径にあったテーパーシャンクドリルを購入してそれを入念に触れ止めしてざっくり穴を掘ってしまったほうがはるかに速いですし、楽です。その程度の精度(といいつつ、ほとんどの場合コレでOKだったりする)では満足できない場合にのみ、中ぐりを行います。ですからその工具はできるだけ鋭い切れ味を持つ必要があります。単なる切れ味であればハイスを研げばよいのですが、狭いスペースで活躍する中ぐりバイトは逃げやスクイ角が極めて重要です。私は中ぐり専用のスローアウェイバイトで、常にフレッシュな刃先をキープすることをお勧めします。
ハイス完成バイトの中ぐりバイト。

ハイス完成バイトの中ぐりバイト。

 

スローアウェイの中ぐりバイト。

スローアウェイの中ぐりバイト。

 

  • 超硬か通常か
    • スローアウェイ中ぐりバイトは高価です。中でも超硬シャンクを持つものは高価です。しかし、この超硬シャンクは実に効果的です。少しのブレも許されない中ぐり加工、特に我々が使うようなマイクロ旋盤ではどうしても細く強度の高いシャンクが必須なのです。ぜひ清水の舞台から飛び降りて頂き超硬シャンクを手に入れてください。
 
【スポンサードリンク】

お勧めの入手方法

選択肢としてあげられる入手方法として、

  • フライスを買ったショップ・代理店から補修パーツとして購入する
  • ネットショップで購入する
  • Yahooオークションなどで中古を購入する

があります。

刃物は新品で買え!が私の信条ですが、とにかくコイツは高いのでYahooオークションを漁りましょう。

 

お勧めの製品はコレ

 

TIPs

  • 切削データ
  • 私がSUS304を削る場合の切削条件
主軸回転数 500回転~1,000回転(静かにやりたいときは回転を落とします)
切り込み 0.05mm。切粉が誇りくずのようになる程度。
送り F30。できるだけゆっくりじっくりと。

 

  • セッティングに気を付けましょう
  • 刃先はセンターよりわずかに下。ほんのわずかです、これが上に出てるとこすれるばかりで切れないだけではなく刃がかけたりします。
刃先はセンターよりわずかに下。

刃先はセンターよりわずかに下。

 
  • マイクロメーターを前後送りにセットして、常にミクロン単位を目視で確認しつつ作業を。
常にミクロン単位

常にミクロン単位

 
  • ツール破損に気を付けましょう
  • 刃先を突っ込みすぎてチャックにぶつけたり、よくあることです~

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ